楽天ポイントがすぐ貯まるキャンペーン一覧

楽天カードを利用している方は楽天ポイントがさらに貯まるキャンペーンを使いこなしているでしょうか?

私は楽天ポイントのキャンペーンのおかげで、3ヶ月(2018年7月〜9月)で計3855ポイント獲得していました。平均して月に1300ポイント1年で15600ポイント獲得していることになります。

この記事では「楽天ポイントが貯まりやすいキャンペーン一覧」について紹介します。

※以下は楽天カードを持った楽天会員であることを前提に話していきます。




楽天ポイントがすぐ貯まるキャンペーン一覧

ほぼ毎月開催されていて楽天ポイントが貯まりやすいキャンペーンを4つご紹介します。



毎月5と0の付く日は 楽天カードご利用でポイント5倍

通常、楽天市場でお買い物をすると

  • 楽天市場でお買い物した分のポイント:+1倍(1%)
  • 楽天カードを利用した分のポイント:+2倍(2%)

がもらえます。このポイントに加え、5と0のつく日(5,10,15,20,25,30日)に買い物をするとさらに+2倍(2%)で合計5倍(5%)ポイント獲得できるというキャンペーンです。

5と0がつく日に買い物をするだけではダメで、毎回必ずエントリーが必要です。5と0がつく日なんて5日おきにやってくるので、楽天市場でお買い物をするときはこのキャンペーンにエントリーして5と0がつく日にしないとかなりもったいないです。

楽天市場をご利用で、街でのご利用分ポイントが最大2倍!

  • 楽天市場で15000円以上使っていると街(楽天市場以外)での利用分が1.5倍(1.5%)ポイント
  • 楽天市場で40000円以上使っていると街(楽天市場以外)での利用分が2倍(2%)ポイント

になるキャンペーンです。

楽天市場で15000円も買い物しないよ〜という方もいると思いますし、私も毎月そんなに買い物するわけではありませんがエントリーだけは毎回欠かさずやっています。お買い物が重なって気づかない内に15000円以上になっている月もあるからです。エントリーすることでのマイナスはないですし、キャンペーンに気付いた時にエントリーしておくことをおすすめするキャンペーンです。

Everyday Edy

  • Edyを利用することで利用日数1日につき「3ポイント」
  • 期間中1回でもEdyオートチャージ利用で「3ポイントが5ポイントにUP」

というキャンペーンです。

Edyというのは楽天がやっている電子マネーで、通常Edyを使うと0.5%ポイント還元されます。

Everyday Edyのキャンペーンにエントリーすると、さらにEdyを使った日ごとに3ポイントもらえます。1日につき3ポイントなので金額は関係ありません。めんどくさいのでそこまでやりませんが、少額を複数日に分けて使いまくったらかなりお得になります。

楽天カードを使っているなら楽天edyを活用した方が絶対的にお得です。

楽天カードでのお買い物でxx万ポイント山分け!

期間中楽天カードでいくらか使うと、10万ポイントとか20万ポイントとかが山分けされるキャンペーンです。

このキャンペーンの良いところは「楽天市場での利用だけではなく他の利用でもOKなところ」と「条件の金額がそれほど高くない(時期によって異なりますが2500円以上とか)ところ」です。

が、よほどくじ運が良くない限り基本的には1ポイントしかもらえません。笑 ですが、裏を返せば1ポイントは確実にもらえます!!チリも積もれば山となりますよ!!!!



楽天ポイントが貯まるキャンペーンの確認・エントリー方法

お得な楽天ポイントのキャンペーンですが、楽天ポイントのキャンペーンはエントリーが必須です!!エントリーしないと0ポイントです!!

楽天で開催されているキャンペーンは楽天e-naviで確認・エントリーすることができます。

<楽天キャンペーンの確認・エントリー手順>

1.楽天e-naviにログインします。

2.ページ上部の「キャンペーン・ポイントサービス」というタブにカーソルを合わせ、「キャンペーンのエントリー・照会」をクリックします。

3.開催されているキャンペーンの一覧が表示されます。

4.参加したいキャンペーンのページへ行き「エントリーする」をクリックするとエントリーが完了します。

これだけです!この「エントリーする」をクリックするかしないかで、同じ買い物をしても1000ポイント/月くらいの差ができますよ!!!!

 

楽天ポイントキャンペーン まとめ

今回紹介したキャンペーン以外にも楽天では多くのキャンペーンが開催されており、そのほとんどがエントリーが必須です。

最後の方は「1ポイントでもチリも積もれば・・・!」というだいぶセコい話にはなりましたが、後から悔しい想いをしたくない方は定期的なキャンペーンのチェックとエントリーをおすすめします!

以上です!