楽天銀行を給与振込や家賃の引き落とし口座にしている私のポイント獲得実績

私は、メインバンクとして楽天銀行を使っています。

家賃の引き落としや給与振込など、毎月行われる取引でポイントが貯まったら良いのになぁと思って、たどり着いたのが楽天銀行でした。

楽天銀行の魅力は何かと言うと

楽天銀行のメリット
  • 引き落としや振込でポイントが貯まる
  • 給与振込口座なら振込手数料3回無料
  • 金利が高い(利息が多くもらえる)
  • 楽天市場での買い物ポイントもアップ

です!

楽天銀行を使うメリットの詳細と実際私がどれくらいポイントを獲得しているのかを紹介します。

私のポイント獲得実績

実際のところ、楽天銀行のおかげで私がどれだけポイントを獲得しているかというと・・・・・・

 

1ヶ月で約100ポイントです。

楽天ポイントは1ポイント=1円で使用できるので100円です。

「いや、少ないわ!」と思った人はちょっと待ってください。

これは引き落としや振込を楽天銀行で行っただけで獲得しているポイントです。

楽天銀行以外のほとんどの銀行では1ポイントもゲットできないんです!

 

私が楽天銀行の口座で毎月行う取引でポイント獲得対象となっているのは以下の通りです。

  • 楽天カードの支払い引き落とし
  • 楽天以外のカード支払い引き落とし
  • 他行からの振込
  • 公営競技口座への入出金

給与振込や家賃の引き落としは自動的に行われるものなので実質何もせずにポイントゲットです。公営競技口座への入出金だけ毎回操作が必要ですが、それも10分あれば余裕でできる作業です。

1ヶ月100ポイント、1年で1200ポイントを多いと見るか少ないと見るか・・・は人それぞれかと思いますが、引き落とし・振込はこれからほぼ一生行うものだと考えると、ポイントもらえた方がお得かな、と。

振込や引き落としの数が多い人はもっと貯まります。

楽天銀行のメリット

楽天銀行メリット1:家賃引き落としや給与振込でポイントが貯まる

楽天銀行の口座で引き落としや振込を行うと1件につき1~3ポイントの楽天ポイントがもらえます。

預金額や取引件数によってポイントが異なるのですが、ほとんどの人が毎月発生するであろう家賃の引き落としや給与振込でポイントが貯まります!

みずほ銀行などを使っていたら1ポイントも貯まらないので、たとえ1ポイントでもお得なんです!

※ポイント対象となる取引や獲得できるポイントは、ちょこちょこ変更が入るので、最新情報は下記リンクよりご確認ください。
>>楽天銀行での獲得ポイント詳細はこちら

楽天銀行メリット2:給与振込口座にすれば振込手数料が3回まで無料

楽天銀行はステージによって振込手数料やATM利用手数料の無料回数が決まっています。

預金額が多かったり、引き落とし・振込件数が多かったりすると上位のステージになります。
>>ステージ詳細はこちら

ただし、楽天銀行を給与振込口座にすればステージに関係なく他行への振込手数料が3回まで無料です。

また、メリット1で書いた通り、振込を行うだけでポイントが貯まります。

さらに、毎月おまかせ振込予約をすれば毎月決まった日に自動的に振込が行われるので便利です。

楽天銀行メリット3:金利が高い(利息が多い)

楽天銀行の普通預金の金利は最大0.1%です。

みずほ銀行の金利は0.01%なのでその差は10倍です。

100万円預けていた場合、楽天銀行なら1000円の利息がもらえますが、みずほだと100円しかもらえない、ということです。

利息の支払いは年に2回あるので1年で1800円もの差が出ます

ただし、”最大”0.1%と言っているのは1つ条件があって「マネーブリッジ」という設定をする必要があります。

何それ?という感じかと思いますが、設定はあっという間に終わりますし1円も払う必要ありません

「マネーブリッジ」とは簡単に言うと、楽天証券で株を買う際に、楽天銀行の口座からお金をすぐ移せるようにする手続きです。

楽天証券の利用を促す施策だと思いますがマネーブリッジを設定したからといって株取引をする必要は一切ありません。(※楽天証券の口座開設は必要です)

設定するだけで金利が0.1%にアップするので、やらないと損です!

マネーブリッジの設定は下記ページから進めれば簡単にできます。
>>マネーブリッジ詳細はこちら

楽天銀行メリット4:楽天市場でポイントアップ

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すると楽天市場でお買い物した分のポイントが+1倍(=1%)になります。

1000円分のお買い物をしたら通常より10ポイント多く貯まります。

お買い物をすればするほどお得になるので楽天市場をよく使う人にとっては大きなメリットです。

楽天銀行以外のネット銀行

ここまで楽天銀行をおすすめしてきましたが、楽天銀行を家賃引き落としや給与振込に使用できない方等におすすめの他のネット銀行を紹介します。

新生銀行

  • 他行からの振込:25~100ポイント
  • ポイントプログラムエントリー:1ポイント
  • メール受信:3ポイント
  • ネットバンキングログイン:3ポイント

計:32~107ポイント

新生銀行口座は他校への振込で1件につき25ポイント(月に最大4件まで)もらえます。

プログラムエントリー、メール受信、ネットバンキングログインは、毎月1回行うだけでポイントがもらえます。

私はdポイントを選択していますが、dポイントの他にもTポイントもしくはnanacoポイントとして貯めることができます。

>>新生銀行の詳細はこちら

住信SBIネット銀行

  • 給与受け取り/定額自動入金:30ポイント
  • 口座振替(引き落とし):5ポイント

計:35ポイント

住信SBIネット銀行では、定額自動入金(毎月の家賃の振込として設定する等)で、30ポイントもらえます(月に1件まで)。

また、口座振替(引き落とし)で、5ポイントもらえます(月に1件まで)。

住信SBIネット銀行で貯まるポイントは、500ポイント以上で1ポイント=1円として口座にキャッシュバックすることができます。

>>住信SBIネット銀行の詳細はこちら

スルガ銀行ANA支店:50マイル

  • 給与の受取:50マイル

計:50マイル

スルガ銀行を給与受取口座(10万円以上の受け取り)に設定すると、毎月50マイルもらえます。

私が以前勤めていた会社は給与振込口座を2つまで指定できて、他銀行とスルガ銀行の両方でポイントを獲得していた時期もありました。

>>スルガ銀行の詳細はこちら

勝手にポイントが貯まる仕組みを作るのは面倒だけど楽しい!

ざくざく貯まる!とまでは言いませんが、引き落としや振込の口座に指定するだけで実質何もせずポイントが貯まっていくのはすごく大きなメリットです!

引き落とし口座や振込口座を変えるなんて面倒と思うかもしれませんが、一度設定してしまえば、後は自動的に引き落としなどが行われ、勝手にポイントが貯まっていきます。

それほど大きな金額にはなりませんが、ほぼ一生行う振込・引き落としですので、少しずつのポイントでも続ければわりと大きな額になるなと思える方、銀行口座を使ってこつこつポイントを貯めたい派の方にはおすすめです。

新規で口座を開設するだけでポイントがもらえるキャンペーンをやっているネット銀行も多いので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事▼

【一人暮らし20代女】買ってよかったもの【2021年更新】

2021年3月7日
楽天ポイント 無料で貯める

楽天ポイントを無料で貯める方法【目指せ毎月1000ポイント】

2021年4月11日