還元率の高いプリペイドカード3選

この記事では「還元率の高いプリペイドカード」を3つ紹介します。

プリペイドカードの種類は多く、何を選ぶべきか迷うかと思います。私が実際に使っているカードを紹介しますので、選ぶ際の1つの参考にしてもらえれば幸いです。

還元率の高いプリペイドカード3選

Kyash

Kyashは、還元率2%のプリペイドカードで、VISAの使えるお店で使うことができます。

クレジットカードからチャージして使用できるためポイントの二重取りが可能で、クレジットカードのポイントを合わせればさらに高還元になります。

ポイント付与という形ではなく2%分がキャッシュバックされるため、使い続ける限り使い切れず無駄にしてしまうという心配がありません。

1回の支払い上限額が少なかったり、公共料金の支払いができなかったりという欠点はあるのですが、お得で使いやすいカードなので、Kyashで支払えるところは全てKyashで支払っています。

エポスプリペイドカード

エポスプリペイドカードは、還元率0.5%のプリペイドカードで、VISAの使えるお店で使うことができます。

エポスカード利用で貯まったエポスポイントを1ポイント=1円分としてエポスプリペイドカードに移行できるため、エポスカードと併用することでさらに還元率を上げることが可能です。

ポイント付与という形ではなく0.5%分がキャッシュバックされるため、使い続ける限り使い切れず無駄にしてしまうという心配がありません。

LINE Payカード

LINE Payカードは、還元率0.5%〜のプリペイドカードで、JCBの使えるお店で使うことができます。

使い方によっては2%以上の還元率になるのですが、私は支払いによるポイント還元より、LINEポイントをLINE Payカードに移行できるところが気に入っています。

LINEポイントは、無料で貯めやすいポイントです。

LINEポイントのページで、広告動画の視聴やアプリのダウンロードをしたり、ネットショッピングの際にページを経由したりするだけでポイントが貯まります。

1件1件のポイントは微々たるものですが、チリも積もればで1ヶ月に200ポイントくらいは貯まります。

貯まったポイントは、1ポイント=1円としてLINE Payカードに移行できます。そのポイントを利用してLINE Payカードで支払うと、支払い金額の0.5%分のLINEポイントをさらに獲得できます。

おまけ:他に私がよく使うプリペイドカード

シネマイレージカード

シネマイレージカードは、TOHOシネマズ専用のプリペイドカードです。

映画を6本見ると1本無料で見られます。

毎年更新料300円がかかりますが、それでも単純計算で還元率10%以上です。

どの映画館も同じようなカードがありますので、自分が頻繁に利用する映画館があればそこのカードを利用するとお得です。

タリーズカード

タリーズカードは、タリーズコーヒー専用のプリペイドカードです。

ポイント還元はありませんが、タリーズカードで支払いをすることでドリンクが10円引きになります。

本日のコーヒーShortサイズ330円を買うとすると、約3%の割引になります。

スタバもドトールも同じようなカードがありますので、自分が頻繁に利用するカフェがあればそこのカードを利用するとお得です。

以上です!