自分に合った転職エージェントの選び方3ステップ

私は1度転職をしていますが、その経験から言うと、転職の際は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットと注意点、自分に合った転職エージェントを見つけるにはどうしたら良いか、紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

私が転職エージェントを利用して良かったと思ったポイントは以下の2つです。

  1. 面接だけに集中できる
  2. 条件交渉してくれる

面接だけに集中できる

転職エージェントは、あらゆる事務的な作業を転職者の代わりにやってくれます。

例えば

  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 企業への応募
  • 面接日程の調整

などです。

履歴書・職務経歴書については、もちろん本人が全く書かないということはありませんが、ある程度必要事項を書けば、記載内容を整えてきれいな文章にする作業は代わりにやってもらえます。

企業への応募や日程調整は、簡単なようで、いざ自分で1社1社応募や調整をすると思ったより手間も時間もかかります。

転職活動は、現職で働きながら行う人も多いと思うので、このあたりの事務作業を代わりにやってもらえると随分転職活動が楽になります。

本人は面接対策だけに集中できます。

 

条件交渉しやすい

年収を中心とする各種条件の交渉って、自分で直接交渉するのは難しいと感じる人も多いと思います。

転職エージェントを利用していれば、転職エージェントが代わりに企業へ伝えてくれるので楽ちんです。

もちろん全ての希望が通るわけではありませんが、言ってみると案外叶うことも多いです。

実際に私は、年収アップさせたいと転職エージェントに話しており、それを企業にも伝えてもらったようで、企業側が元々予定していた年収より少し高めの年収で採用してもらうことができました。

転職エージェントを使う際の注意点

先に紹介したような、こちらのメリットになることを転職エージェントは全て無料でやってくれます。

それはなぜでしょうか?

転職者が無事に転職に成功すれば、転職先の企業から紹介料がもらえるからです。

逆に言うと、転職者が途中で転職活動を辞めたり、どこにも転職が決まらなかったりした場合には、紹介料がもらえません。

これを前提として考えた時、転職エージェントを利用する上で注意しないといけないのは、
“どこでも良いからとりあえず転職させようとする”転職エージェントがいる(※)ということです。

私も実際、とにかく転職させようと、こちらの意向をしっかり聞きもせず、ガンガン色んな企業に応募して選考を進めさせようとする転職エージェントに出会ったことがあります。

特に、高学歴だったりそれまでの職務経歴が良いと転職が成功する可能性が高いので、転職をどんどん進められる可能性が高いです。

転職エージェントを初めて利用する方は、何も分からず言われた通りにしてしまうかもしれませんが、自分が本当に行きたい業界・職種なのかということを一度しっかり考えるようにしてください。

※人によってはガンガン応募してもらった方が良い場合もあると思うので、そういう転職エージェントが一概に悪いというわけではありません。

自分に合った転職エージェントの選び方

希望通りの転職を実現するために、自分に合った転職エージェントを見つけることが大切です。

自分に合った転職エージェントの選び方として、以下の3ステップをおすすめします。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 条件に合いそうな転職エージェントからのメールに返信する
  3. 転職エージェントと電話 or 対面で面談する

ポイントとしては、最初から「転職エージェント」と検索して転職エージェントを選ばないということです。

転職サイトに登録する

まずは転職サイトに登録してください。

転職サイトに登録して、そこに送られてくるメッセージの中から転職エージェントを選ぶ、という方法をとるためです。

登録する転職サイトはお好みで良いですが、特にこだわりがなければリクナビNEXT、ハイクラスな転職を狙うならビズリーチあたりが案件数/メッセージ数が多くて良いかなと思います。

転職サイトに登録する時は、最低限以下の情報を登録してください。

  • 学歴/社歴
  • 志望業界/職種

職務経歴を詳細に記載できれば尚良いです◎

メッセージから転職エージェントを選び返信する

転職サイトに登録すると、最初は転職エージェントやら企業やらから大量のメッセージが届きます。

ちょっとめんどくさいですが、できる限り全部のメッセージを見て自分に合いそうな転職エージェントを探してください。

選び方のポイントとしては、自分が転職先としてイメージしている具体的な企業の求人票を添付しているエージェントかどうか、です。

この選別をするために、転職サイト登録時に自分の志望業界/職種を必ず登録してください!

大量に来るメッセージから自分に合う転職エージェントを探す際に、ここすらも見ずに送っているような転職エージェントは除外できるからです。

ただただ有名企業名を大量に羅列しているだけでどこを紹介しようという意思が感じられないエージェント、ましてや自分が今いる企業の求人票を提示しているエージェント(実際にあります)は避けてOKです。

数の目安としては、転職サイトに登録した最初の1週間に来たメッセージの中から、5~10くらいの転職エージェントに返信するくらいがちょうど良いです。

名前も聞いたことないエージェントだと不安になると思いますが、あまり気にしなくて大丈夫です。むしろ、そちらの方が親身に相談に乗ってくてることの方が多いです。心配な場合は、会社名でググって悪評がないかくらいは確認しても良いと思います。

返信のあったエージェントと電話or対面で面談する

メールした後の返信で、単純に日程が合わなかったり、返信が遅かったりするエージェントを除外し、最終的に電話or対面で面談する転職エージェントを3~5つ決めてください。

実際に面談し、紹介される求人が自分のイメージとあっているか確認しましょう。

自分だったら余裕で受かりそうだなというところばかり勧めてくるところは要注意です。

あとは、転職エージェントの印象とか、この人と合いそうだなという感覚も非常に大事です。

最終的に転職活動をサポートしてもらう1社を決めてください。

転職エージェント選びの際に私がよく使う質問

とにかくすぐに転職させようとする転職エージェントには要注意と書きましたが、それを判断するために私がよく使う質問を2つ紹介します。

Q.転職するのに良い時期はありますか?

“早い方が良い”という転職エージェントは要注意です。

いくつかの転職エージェントに同じ質問をしましたが、「転職市場というのは、結局経済状況と連動しているので、先がどうなるかわからない」「ある企業が門を狭めていても、その分を別の企業が門を広げていたりするので時期による差はあまりない」と答えてくれるところの方が信用できるかなと思います。

Q.今の会社にいた方が良いですか?

転職というのは、自分がより良いキャリアを築くための1つの手段なので、今の会社内での異動も選択肢に入ります。

その選択肢も含めて提案してくれる転職エージェントの方が信用できるかなと思います。

転職エージェントの選び方 まとめ

  1. 転職サイトに登録する
  2. 条件に合いそうな転職エージェントからのメールに返信する
  3. 転職エージェントと
    電話 or 対面で面談する

 

関連▼