服を長持ちさせるために気をつけていること5つ

せっかく買ったのにすぐに着られなくなってしまった服はないでしょうか。

この記事では、私が洋服を長持ちさせるために気をつけていることを5つ紹介します。




洋服を長持ちさせるために気をつけていること

1.汗ジミは早めに対策する

汗ジミが目立ってくると、その洋服は着られなくなります。

目立ってきてから洗濯するより、最初から対策するのがおすすめです。

私は「ワイドハイター」と「ウタマロ」を使っています。

created by Rinker
ワイドハイター
¥428 (2019/06/17 02:42:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウタマロ
¥1 (2019/06/17 02:42:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

2.毛玉取り器を活用する

冬場のニットに対してのケアです。

毛玉はできるのでどうしようもないですが、毛玉取り器を使うとだいぶんマシになります。

created by Rinker
泉精器製作所
¥1,680 (2019/06/17 02:42:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

洋服を長持ちさせるために気をつけていること〜買う前に〜

1.シワになりにくい素材のものを買う

シワシワの服を着るとテンションが下がります。が、毎回アイロンをかけるのも大変ですし、座りジワがついたらその日1日はつきっぱなしになってしまいます。

そもそもシワになりにくい素材を買うようにしています。

ただし、そうでない素材の服ももちろんあります。

そんな時に活躍するのがスチームアイロンとシワとりスプレーです。

スチームアイロンはハンガーにかけたままアイロンがけができますし、シワとりスプレーはかけて一晩置いておくとある程度シワがとれる優れものです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥8,953 (2019/06/17 02:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スタイルガード
¥301 (2019/06/17 02:42:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

2.家で洗濯できるものを買う

洗濯の表示を見て、家での洗濯が可能なものをできるだけ買うようにしています。

洗濯頻度の高いトップスなどは特によく見て買います。

ただ、どうしても洗濯が難しいものもあるので、その場合は下手に家で洗濯しようとせずきちんとクリーニングに出すことも重要です。

 

3.実物を見て試着してから買う

洋服を買いすぎないためのルール」にも書いているのですが、買い物をする時には基本的に試着をして買うようにしています。

色味やサイズ感や触り心地など、納得して買わないと結局すぐに着なくなってしまうからです。

よく買っているブランドで色味やサイズ感がわかっている時のみネット通販を使います。

以上です!