本の宅配買取ならネットオフの買取価格が1番高いと思う

私は本の宅配買取サービスを利用する際にはネットオフを利用します。理由は、買取価格が1番高いと思っているからです!

そんなネットオフの良いところを紹介します。また、ネットオフの他にamazonブックオフオンラインを実際に使って買取価格の比較もしてみました。

ネットオフの宅配買取
おすすめポイント

買取価格が
クーポン利用で500円アップ

ネットオフの本の買取価格は、他のサービスと大差ありません。というか、どこも基本的に同じような金額だと感じます。

ただ、ネットオフさんのすごいところは、売るたびに次回使える500円upクーポンをくれるところです。

買取価格20%upなどは他のところもよくやっているのですが、これだと買取価格が100円だったら120円にしかなりません。

ですが、ネットオフは500円upクーポンなので、買取価格がたとえ100円でも600円になるのです!

1回の買取につき500円アップなので、売りたい本が大量にある時には、あえて複数回に分けて買取してもらうことで買取価格を毎回+500円にすることも可能です!

買取基準に満たない商品でも
買取価格が1円

状態があまりにも悪かったりすると、買取基準に満たない商品として扱われます。この判断はどのサービスでもあるのですが、ネットオフさんの良心的なところは、それらの買取基準に満たない商品も買取価格を1円としてくれるところです!

他のサービスだと、買取基準に満たない商品は買取価格0円になるところもあります。

ネットオフ宅配買取 デメリット

買取価格の振込までが長い

ネットオフは、宅配買取の集荷をしてもらってから振込までに約2週間かかります。すぐにお金に変えたい人にはデメリットかと思います。

要らないものだしお金になったらラッキーくらいで宅配買取を利用する人であれば全然問題なしです。

宅配買取は最低30冊から

ネットオフは最低買取冊数が30冊〜となっており、他社と比べて少し多めです。

漫画などをまとめて一気に売るなど、30冊たまってから利用するのがおすすめです。

ネットオフと他宅配買取サービスの比較

これまで書いた通り、私はネットオフ推しなのですが、本当に買取価格が高くなるのか他の買取サービスと比較してみました。

3社を比較した概要は以下の通りです。

宅配買取サービス3社 比較詳細

amazon

amazonの本の宅配買取サービスは、以下のような方におすすめです。

  • 発売されて間もない本を売りたい
  • 売りたい数が10冊以下である
  • 本人確認郵便を面倒に感じない
  • amazonギフト券を使う機会がある

参考:amazonの宅配買取サービス

amazonの買取価格は、最大値と最小値の差が激しいといった印象でした。

新しくて商品の状態が良い本の買取価格は他の2社より高かったです。

一方で、それ以外の本の買取価格は低く感じました。他の2社なら数十円はつきそうな本でも軒並み1ケタ代でしたし、買取基準に満たない商品の価格は0円でした(ネットオフはそれでも1円つけてくれます)。

査定〜振込までは速かったです。
初めて利用する場合は本人確認の時間がかかるのですが、それでも1週間ほどで振込まで完了しました。本人確認がなければ5日以内で完了すると思います。

amazonの買取サービスの良い点は、1点〜対応してもらえるところです。ダンボールも無料で届けてもらえます。

不便な点は「本人確認が郵便で行われる」「買取金額はAmazonギフト券として振り込まれる」の2つです。

本人確認郵便を受けとって本人確認完了となるため、なかなか家で郵便を受け取れない人にとってはちょっと面倒です。

また、買取価格分がAmazonギフト券として振り込まれるため、amazonであまりお買い物しない人にはおすすめできません。

そして、新しい本ならメルカリでほぼ定価で売れるので正直そちらの方がおすすめです。(※メルカリは宅配買取サービスではないので今回の比較からは外しています)

ブックオフオンライン

ブックオフオンラインの本の宅配買取サービスは、以下のような方におすすめです。

  • 1日でも早く振込みしてほしい
  • 売りたい数が10冊以上である
  • ダンボールを自分で用意できる

参考:ブックオフオンラインの宅配買取サービス

ブックオフオンラインの買取価格は、高くも低くもなく一般的といった印象です。ネットオフとほぼ同じだと思います。

ブックオフオンラインの良い点は、査定〜振込までが3社の中で1番速いことです。本を送ってから5日程度で振込まで完了します。

不便な点は「ダンボールが有料」なところです。ダンボールを自分で用意できない場合にはおすすめできません。

ネットオフ

最初に書いたことと重複しますが、ネットオフの本の宅配買取サービスは、以下のような方におすすめです。

  • 1回きりではなく継続的に買取サービスを利用する予定である(クーポンを利用機会がある)
  • 売りたい数が30冊以上である
  • 迅速な振込を必要としていない

参考:ネットオフの宅配買取サービス

ネットオフの買取価格は、高くも低くもなく一般的といった印象です。

新しい本であればamazonで売った方が高値がつくように感じますが、ネットオフは、買取基準に満たない商品でも1円つけてくれるところが良心的です。

ネットオフの良い点は、一度買取サービスを利用するとクーポンがもらえることです。しかも、買取価格500円アップクーポンです。2回目以降はこのクーポンが使えるため、3社の中では1番買取価格が高くなります

不便な点は「査定〜振込までに2週間ほどかかってしまう」「30点以上からしか対応してもらえない」の2つです。

すぐにお金が必要というわけではなくて、一気にたくさんの本を売りたい!なんて時に利用するのがおすすめです。

宅配買取サービス 比較 まとめ

私は、ある程度冊数がたまってから一気に売る&振込を急がないことが多いのでネットオフを利用することが多いです。継続的に利用しているので500円upクーポンで買取価格が高くなっています。

とはいえ、三者三様のメリット・デメリットがあるので自分に適したサービスを利用してもらえば幸いです。

楽天銀行を給与振込口座や家賃引き落とし口座として利用してポイントを獲得

楽天銀行を給与振込や家賃の引き落とし口座にしている私のポイント獲得実績

2019年12月9日

クレジットカードのおすすめの使い分け方【ポイント重視派向け】

2019年12月20日